お粥すきですか~?

 

私は大好きです。

上海育ちの友人は、毎朝お粥を食べていました。

小豆や雑穀、ゆり根を混ぜて、圧力なべで作っていたのを思い出しました。

本日は、

 

私が考案した、大根とあおさの美容粥を紹介します。

その前に、お粥の効用を勉強しましょう。

=========

お粥の驚きの効用

=========

お粥は、胃腸に負担をかけずに、水分と栄養分を体に届けてくれる優れもの。体を温める効果も

あるため、血液やリンパ液の流れがよくなり、免疫力アップにつながります。

まさに風邪で弱った体に効果抜群の食事なのです。

こうした「お粥」の持つパワーは、なんと曹洞宗の開祖、道元禅師も注目していました。

食事を頂く際の雲水(修行僧)の心構えを記したその著書『赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)』に

は、「粥有十利」(しゅうゆうじり)として、お粥の効能が10挙げられています。

どんな効能なのかというと……、 

 

<粥有十利>

1.色 (肌の色艶をよくする)

2.力 (気力が増す)

3.寿 (寿命が延びる)

4.楽 (食べ過ぎになることがなく、体が楽になる)

5.詞清辯 (血流がよくなり頭が冴え、言葉もなめらかになる)

6.宿食除 (胸やけをしない)

7.風除 (風邪を引かない)

8.飢消 (飢えを満たす)

9.渇消 (喉の渇きを潤す)

10.大小便調適 (便通がよくなる)

 

中国の人は、朝から冷たいものを頂きません。白湯を好んで飲みます。

お粥も体が温まり、水分補給と滋養にもいいですよね。

お粥は、お腹を満たし、体の活力を取り戻してくれるだけでなく、美肌やダイエット、

脳の活性化、便秘解消などの効果もあるというわけです。風邪のときに限らず、

美容やアンチエイジングの食べ物として、常食したいところですね。

ちなみに、道元禅師が開いた永平寺(福井県)では、365日、朝食はお粥なのだとか。

ただし、お粥の消化がいくらいいといっても、そのままかきこむのは避けたいところ。

胃腸に負担をかけてしまいます。風邪で弱っているときはなおさらです。

ゆっくり嚙んで胃腸に届けてあげましょう。

================

レシピ1 大根とあおさの美人粥

================

【材料】

・玄米;0.5合 (約75g)

・水:1000cc

・大根1/3本 (たっぷり使いましょう)

・塩 一つまみ

・あおさ またはわかめなど

・青ネギ適宜

【作り方】

1./さっと研いだ玄米を鍋に入れて、分量の水に一晩つける。

2./1に塩を加え、強火にかける

3./沸騰したら、軽くかきまぜ、蓋を少しずらして、弱火で50分炊く。

4./仕上げに、おろした大根を入れ、あおさを入れ、5分ほど蒸らす。

5./小口切した青ネギを散らす。お好みでクコの実をのせても良いでしょう。

=============

永平寺・お粥レシピ

=============

【材料】

・玄米:0.5合(約75g)

・水:1000cc

・塩:ひとつまみ

 

【作り方】

1./さっと研いだ玄米を鍋に入れて、分量の水に一晩つける。

2./1に塩を加え、強火にかける

3./沸騰したら、軽くかきまぜ、蓋を少しずらして、弱火で50分炊く。

4./仕上げに、5分ほど蒸らす。

 

是非作ってみてください。

============

作るのめんどくさい人に!!

============

もうすぐ 新発売しますよ。

お粥3種 楽天市場の断食美人で販売!

お値段は最安値で提供する予定です。

近日中に発売しますのでチェックしてください。

https://www.rakuten.co.jp/danjikibijin/

左から オーガニック玄米ヘンプ粥

酵素玄米黒テンペ粥

やまだGEN氣

どれも美味しいですよ!

 

断食美人

Michelle Tomono


■断食美人公式LINE■
下記の「Add Friend」をタップして登録お願いします。

Add friend