ハワイ島でも栽培されているモリンガ 生産地はインドが最も多く、

アフリカ、アジア、中南米、オセアニアなどの熱帯地域で栽培されてます

私は、普段の食生活にこのモリンガを取り入れてます

完全オーガニックでパウダー状になって売っているので便利です

そして、驚くのはモリンガの栄養素です

例を挙げると

カルシウムは牛乳の24倍

鉄分はほうれん草の18倍

食物繊維はごぼうの4倍

カリウムはバナナの3倍

ビタミンAは人参の1.5倍

特にビタミン類(ビタミンA、B1、B2、C、E)や亜鉛、

カルシウムやカリウム、リン、食物繊維や必須アミノ酸であるリジンやフェニル

アラニン、ロイシン、スレオニン、バリンなどを非常に多く含有しています


この必須アミノ酸は食品からまんべんなく摂取する必要があり、

モリンガでバランスよく摂取することができます

モリンガの歴史
北インド紀元前2500年。
インダス文明の時代、文明の発展とともに、東洋医学の基礎ができたと言われています。その中で注目されるのが、世界最古の伝統医学として注目されている「アーユルヴェーダ」。

「アーユル=智恵、ヴェーダ=生活」の意味で、 「心身共に健康な生活を送るための智恵」との理解ができ、その目的は「心身の浄化」が一番大切とされています。
その中でモリンガが300もの病気を防ぐと記されていたようで、ハーブ療法として利用されてきたといいます。

モリンガのお勧め摂取方法は

何といってもスムージーでしょう

モリンガを新鮮なお水に溶かし、酵素ドリンクや

お好みのフレッシュジュースで混ぜてもいいでしょう

レモンの絞り汁やジンジャーも入れると

味がさらにきりっとサッパリしますよ