遊体法/手ぬぐい体操

断食美人のサポートの中に遊体法が入っています

断食で心と体をリセットすることに加え、

自信の容姿をメイクしていくという作業です

運動によって出来上がる体は違います

例えば、マラソン選手

主に持久力を必要とします。

遅筋が多くつかわれます

遅筋は筋肉量の70%~80%を占めており、全身のエンジンみたいな役割を担ってます。

速筋と違って大きな力は出せず肥大もしづらいですが、永続的に身体を動かすエネルギーを生産する筋肉です。

マラソン選手の体形はこちら

そして短距離の選手の体形は

短距離選手は 速筋が多く使われます

主に瞬発力を必要とします。

速筋
瞬発力を必要とする場面で使われるのが速筋で、一瞬の大きな力を出す際に使われる筋肉です。

このように運動によって使う筋肉がことなり、体形も変わっていきます

遊体法は12の基本メソッドから成り立っています

このメソッドを順番に行っていくと、

顔以外の筋肉と関節を満遍なく動かすように

作られています

その人によって、体形や柔軟性、運動履歴は千差万別

そして、体調や体の不調もまた違ってきます

この遊体法は子供からご年配のかたまで、無理なく

体操できるようになっています

しかも、手ぬぐい1本あればどこでも出来てしまう手軽さです

昨日行ったワークショップでは、

ウォーキングをしている人、太鼓をしている方、サーフィンをしている方など

様々でした

それぞれに体の悩みも違うし、体形もちがいます

自分では気づいていないけど、体のどこかに緊張をもちながら活動している方が

多いいと思います。

私は、万年肩こり症、冷え性でした

重度のぎっくり腰を3回やってしまい、もう自分の人生は終わったと

思いました

しかし、今では元気に、この遊体法を継続しています

なぜ、こんなに遊体法がいいのか!

次の投稿でお伝えします