カルニチンは 生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体です

毒素は脂肪にたまりやすい

脂肪の燃焼促進により毒素の解毒をサポート

L-カルニチンは脂肪の燃焼を促進させる成分です

実はカドミウムや水銀といった有害重金属(=毒素)は、脂肪細胞の中に

溜まりやすい傾向があります

そのため脂肪の燃焼を促す効果は、有害重金属の効率的な解毒をサポートする成分でもあると言えます

L-カルニチンは「脂肪の掃除と同時に解毒うぃ可能にする」

という、ミネラル断食の効果として多くの人が求める2つの作用と

密接に関わっている、とても重要な役割を担う成分です